一般歯科情報館 >> 一般歯科情報 >> 歯科保険診療

歯科保険診療

歯科保険診療

歯医者さんで歯ブラシ指導を受けてみるか、ご自分で染め出し液を使って赤くなった部分をチェックしてみるのもよいと思います。

保険診療で使用されている金属やプラスチックの材料は、口腔内で腐食したり、細菌が付着しやすくなるのですが、ノンメタル材料であるセラミックスにおいては見た目にも自然で腐食や細菌付着の心配がなく、長い期間歯も歯ぐきもいい状態を保っていただくことができるのです。

頭部が大きすぎるものや、特殊な形状のものは、全体をまんべんなく清掃するのには不向きと言われているのです。

歯ブラシ選ぶときは、握りやすく、頭部が小さめのものを選ぶようにしましょう。

また、かみ合わせが悪いと健康保険の硬い銀歯であれば、かみ合う反対側のご自身の自然な歯が欠けたり割れることもあり、結果的に大切な歯を傷めてしまうことにつながるのです。

保険診療では全てプラスチックの材質を使うのです。安価ですが異物感が大きく、歯が磨耗しやすいと思うのです。

自由診療では金属を使うことにより、異物感をなくし、発音、咬み易さ等を確認しながら作るのです。

種類を慎重に吟味されたセラミックスであれば、かみ合せが悪い場合、ご自身の歯ではなくセラミックスの方が欠けてくるのです。

自由診療の場合は歯科技工士が直接、患者さんの前で歯を並べるため、ご希望を正確に反映させる事が出来るのです。

それゆえノンメタル修復の成功にはこの精度の高いかみ合わせ治療とその方にあった材料の選択を慎重に行うことが必須で、それにより初めて歯やからだに優しい治療の実現が可能になるようです。

取り外し式の入れ歯は寝る時は、はずして水につけるようにしましょう。

保険診療はプラスチックを主体としており、材質、製作法に制限が設けられているのです。

その為、異物感や、残りの歯に負担をかけることになるようです。入れ歯は乾燥させると壊れやすくなるのです。

その際に右図のような入れ歯洗浄剤につけておくといいと思います。

また入れ歯は歯ブラシ等で、なるべくこすらないようにしてください。

入れ歯が削れて合わなくなる原因になるのです。入れ歯洗浄剤につけておくだけで十分に汚れは落ちるはずなのです。

一般歯科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯槽膿漏 歯周病 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯科 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |インプラント 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |予防歯科 |矯正 岡山 |入れ歯 |岡山 インプラント |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科